サポート/お問い合わせ

フィルター機能設定例(DMZ上にWebサーバを公開する)

概要

DMZ内にWebサーバーを構築することで、外部からの不正アクセスを防止します。

構成

情報

Rooster NSXの情報

ETH0 192.168.62.1
ETH1 192.168.63.1

Webサーバーの情報

IPアドレス 192.168.63.10
ネットマスク 255.255.255.0
ポート番号 80

期待する動作

  • メンテナンス用にPC1からWebサーバーへの通信が制限なくできること
  • WebサーバーからPC1への通信はできないこと
  • インターネット側からはDMZ内のWebサーバにしかアクセスできないこと

前提条件

  • Rooster NSXがインターネットに接続されていること

設定手順

  1. PC1からRoosterNSXに接続します。
    接続方法については、「WebUI設定の使い方(入り方)」をご参照ください。
  2. ETH1に静的アドレスを設定し、所属するゾーンを新たにDMZに設定します。
    ネットワーク->インターフェース設定ページを開きます。
    ETH1インターフェースについて「編集」を実行します

    以下のように設定を行います。

    IPv4アドレス 192.168.63.1
    IPv4ネットマスク 255.255.255.0

    ファイアウォール設定タブを開きます。
    設定タブから「設定しない-又は-作成:」を選択し、「DMZ」と入力します。

    ゾーン名 DMZ

    入力後、「保存」を実行します。

  3. ゾーン「DMZ」についてファイアーウォールの設定を行います。
    ネットワーク->ファイアウォール設定ページを開きます。
    DMZゾーンについて、「編集」を実行します。

    以下のように設定します。

    受信 拒否
    送信 拒否
    転送 拒否
    送信元ゾーンからの転送を許可する lanにチェックを入れる

    設定後、「保存」を実行します。

  4. ポートフォワーディングの設定をします。
    ポートフォワーディングタブを開きます。
    以下のよう設定します。

    名前 FW_webserver
    プロトコル TCP
    外部ゾーン wan
    外部ポート 80
    内部ゾーン DMZ
    内部IPアドレス 192.168.63.10(WebサーバーのIPアドレス)
    内部ポート 80

    設定後、「保存」を実行します。

    「保存されていない変更:」を実行します。

    設定内容を確認し、「保存&適用」を実行します。

  5. 設定を保存します。
    再起動後も設定を保持するため、「設定の保存」を実行します。
    詳細については、「設定を保存する」をご参照ください。
サポート/お問い合わせ

お問い合わせ

製品購入にあたってのお問い合わせ
sales-suncomm@sun-denshi.co.jp
製品の仕様やサポート・サービスに関するお問い合わせ
support-suncomm@sun-denshi.co.jp

製品/サービス お問い合わせフォーム

お電話・FAXでのお問い合わせ

お電話及びFAXによるお問い合わせにつきましては、以下の番号までお願い致します。 なお、お電話によるお問い合わせにつきましては、下記受付時間内にてお願い致します。

TEL:052-756-5987FAX:052-756-5999
受付時間 平日 10:00~12:00 13:00~16:00まで(土日祝日、弊社休業日を除く)

IoT/M2Mならサン電子
ページTOPへ

会員ユーザー専用ページ ログイン

パスワードを忘れた方新規登録ページ