サポート/お問い合わせ

Microsoft AzureとRoosterNSXでIPsec接続

,

概要

Microsoft AzureとRooster NSXでIPsec接続を行います。

 

構成

 

前提条件

 

情報

設定例では以下のデータを使用して設定を行います。

  • 「仮想ネットワーク」設定の入力データ
名前 AzureExample
アドレス空間 10.1.0.0/16
リソース グループ AzureExampleRG
サブネットの名前 AzureExampleSubnet
サブネットのアドレス範囲 10.1.0.0/24

 

  • 「仮想ネットワーク ゲートウェイ」設定の入力データ
名前 AzureExampleVPNGateway
ゲートウェイの種類 VPN
VPNの種類 ポリシーベース
SKU Basic
仮想ネットワーク AzureExample
(作成した仮想ネットワークを選択)
パブリックIPアドレス 新規作成を選択
パブリックIPアドレス設定の名前 AzureExamplePublicIP

 

  • 「ローカルネットワーク ゲートウェイ」設定の入力データ
名前 AzureExampleVPNLocalConn
IPアドレス 203.0.113.1
(RoosterNSXの固定グローバルIPアドレス)
アドレス空間 192.168.62.0/24
(RoosterNSXのサブネットワーク)
リソースグループ AzureExampleRG

 

  • VPN設定の入力データ
    (仮想ネットワーク ゲートウェイ設定の「接続の追加」ページ)
名前 AzureExampleIPsec
接続の種類 サイト対サイト(IPsec)
仮想ネットワーク ゲートウェイ AzureExampleVPNGateway
(作成した仮想ネットワーク ゲートウェイを選択)
ローカルネットワーク ゲートウェイ AzureExampleVPNLocalConn
(作成したローカル ネットワーク ゲートウェイを選択)
共有キー secret
(RoosterNSXのIPsec設定の事前共有鍵)
リソース グループ AzureExampleRG
(作成したリソース グループを選択)

 

  • RoosterNSXのIPsec設定の入力データ
名前 NSXipsec
モード設定 メインモード
ハッシュアルゴリズム sha1
暗号化アルゴリズム aes256
PFSグループ modp1024
PFSを有効にする 無効
(チェックを外す)
事前共有鍵 secret
相手側接続IPアドレス 203.0.113.2
(Azureの「仮想ネットワーク ゲートウェイ」で作成した
パブリックIPアドレス)
相手側ローカルネットワーク 10.1.0.0/16
相手側識別子 203.0.113.2
自装置側接続IPアドレス 203.0.113.1
自装置側ローカルネットワーク 192.168.62.0/24
自装置側識別子 203.0.113.1

 

Microsoft Azureの設定手順

  1. 「仮想ネットワーク」の作成を行います。
    ①「+リソースの作成」を選択します。
    ②「ネットワーキング」を選択します。
    ③「仮想ネットワーク」を選択し、仮想ネットワークの設定を行います。
    ※表示されない場合はAzure Marketplaceの検索で、「仮想ネットワーク」を検索してください。

     

  2. 「仮想ネットワーク」の設定を行います。
    下記設定を入力後、「作成」を実行すると「仮想ネットワーク」が作成されます。

     

  3. 「仮想ネットワーク」の設定を行います。
    ①「すべてのリソース」を選択します。
    ②「AzureExample」を選択します。

     

  4. 「サブネット」から「+ゲートウェイ サブネット」を選択して追加します。
    ①サブネットを選択します。
    ②「ゲートウェイ サブネット」の追加を選択します。

     

  5. 「ゲートウェイ サブネット」の設定を行います。
    ①設定画面が開かれたら「OK」を選択し、「ゲートウェイ サブネット」を追加します。

     

  6. 「仮想ネットワーク ゲートウェイ」を作成します。
    ①「+リソースの作成」を選択します。
    ②「ネットワーキング」を選択します。
    ③「仮想ネットワーク ゲートウェイ」を選択します。
    ※表示されない場合はAzure Marketplaceの検索で、「仮想ネットワーク」を検索してください。

     

  7. 「仮想ネットワーク ゲートウェイ」の設定を行います。
    下記のように設定を入力後、「作成」を実行すると「仮想ネットワーク ゲートウェイ」が作成されます。

     

  8. 「ローカルネットワーク ゲートウェイ」を作成します。
    ①「+リソースの作成」を選択します。
    ②「ネットワーキング」を選択します。
    ③「ローカルネットワーク ゲートウェイ」を選択します。
    ※表示されない場合はAzure Marketplaceの検索で、「ローカルネットワーク」を検索してください。

     

  9. 「ローカルネットワーク ゲートウェイ」の設定を行います。
    下記のように設定を入力後、「作成」を実行すると「ローカルネットワーク ゲートウェイ」が作成されます。

     

  10. 「仮想ネットワーク ゲートウェイ」にIPsec設定を行います。
    ①「すべてのリソース」を選択します。
    ②「AzureExampleVPNGateway」を選択します。

     

  11. IPsec設定ページへ移動します。
    ①「接続」を選択します。

     

  12. IPsec設定の追加を行います。
    ①「+追加」を選択します。

     

  13. 下記のように設定を入力後、「OK」を選択します。

     

Rooster NSXの設定手順

    1. PC1からRooster NSXに接続します。
      接続方法については、「WebUI設定の使い方(入り方)」をご参照ください。
    2. Azureに接続する為のIPsec設定を行います。
      IPsecで拠点間接続するには」を参照し設定を行ってください。
      ただし、IPsecの設定は下記を参照してください。

Microsoft AzureでIPsecの接続確認

  1. 「仮想ネットワーク ゲートウェイ」設定を開きます。
    ①「すべてのリソース」を選択します。
    ②「AzureExampleVPNGateway」を選択します。

     

  2. IPsec設定ページへ移動します。
    ①「接続」を選択します。

     

  3. 接続状態を確認します。
    ①「AzureExampleIPsec」の「状態」が「接続済み」になると接続完了です。

     

サポート/お問い合わせ

お問い合わせ

製品購入にあたってのお問い合わせ
sales-suncomm@sun-denshi.co.jp
製品の仕様やサポート・サービスに関するお問い合わせ
support-suncomm@sun-denshi.co.jp

製品/サービス お問い合わせフォーム

お電話・FAXでのお問い合わせ

お電話及びFAXによるお問い合わせにつきましては、以下の番号までお願い致します。 なお、お電話によるお問い合わせにつきましては、下記受付時間内にてお願い致します。

TEL:052-756-5987FAX:052-756-5999
受付時間 平日 10:00~12:00 13:00~16:00まで(土日祝日、弊社休業日を除く)

IoT/M2Mならサン電子
ページTOPへ

会員ユーザー専用ページ ログイン

パスワードを忘れた方新規登録ページ